元NSが語る、看護師単発、日雇い派遣に関するあれこれ

実際の経験から得た、看護師の単発・スポッ、日雇いト派遣、アルバイト、副業に関する全ての知識を提供します!

誰でも単発派遣で仕事ができる?派遣会社に登録する前に確認しておこう!【看護師単発、日雇い派遣】

 

 

このブログでお話することは全て、看護師(准看護師含む)の単発・スポット派遣についてです。

単発派遣とは、一日単位のお仕事のことを指します。

平成24年10月1日から派遣法が改訂され原則として30日以内の日雇いが原則派遣禁止になりましたが、原則があれば例外もあるということである条件を満たしている人なら単発で仕事ができます。満たしていなくても、単発で働く道はあるので安心してください。

 

どんな人が単発派遣で働けるのか

f:id:wryyxjp:20170504141012j:plain

先ほど述べたように全員が全員日雇い派遣が禁止されている訳ではありません。

例外規定という4つの項目が設けられており、いずれか一つでも当てはまる場合は単発・スポット派遣が認められています。

 

1、年齢が60歳以上の方

2、昼間の学校に通っている学生(定時制、通信、夜間はNG)

3、本業の収入が500万円以上あり、副業として日雇い派遣をする人

4、主たる生計者でなく、生体年収が500万円以上ある人

 

の以上になります。

一つずつ詳しく説明していきましょう。

1、年齢が60歳以上の方

言葉の通りです。誕生日を迎えて年齢が60歳以上の方は単発、日雇い派遣で働けます。

2、昼間の学校に通っている学生(定時制、通信、夜間はNG)

こちらも言葉の通りです。昼間の学生でも、学校教育法に基づいて認可されていない機関に通っている場合は当てはまりません。無認可の学校なんてそうそうないので、昼間の学生なら特に心配する必要はないです。因みに予備校はNGです。

3、本業の収入が500万円以上あり、副業として日雇い派遣をする人

要は本業があって、副業として派遣で働く方のことを指します。

本業の年収が500万円以上なので、本業450万円、副業で100万円の収入があり合計年収550万円でもこの項目には該当しないので単発派遣で働くことができません。

 

ここで何を確認しているかというと、本年度の年収500万円以上の見込みがあるかどうかということなのです。

例として、昨年の年収500万円以上でも、転職のために仕事を辞めてフリーでいる時は今年の年収の見込みが500万円以上あると証明できないので、単発派遣で働くことができません。

離職中でも、次の就職先が決まっていて労働契約書などによる書面で、年収500万年以上の見込みがあることを証明できれば単発派遣で働けます。

4、主たる生計者でなく、生体年収が500万円以上ある人

主たる生計者とは、世帯年収の50%以上を稼いでいる方のことです。

夫400万円、妻が200万円の場合、夫は世帯年収600万円のうち約60%弱稼いでいるので、単発派遣で働けるのは妻ということになります。

実際そこまで細かく確認されないので、世帯年収の合算が500万円以上あれば問題ないです!

 

 

例外規定に該当することを証明するために書類の提出が必要となる

派遣会社は労働局からの監査時に、派遣登録者の必要な書類をちゃんと回収しているかチェックされています。なので、我々も提出しなくてはいけません。

1、年齢が60歳以上の方

身分証明書のコピーの提出が必要です。

2、昼間の学校に通っている学生(定時制、通信、夜間はNG)

 学生証のコピーの提出が必要です。

3、本業の収入が500万円以上あり、副業として日雇い派遣をする人

昨年度の源泉徴収票のコピーの提出が必要です。

4、主たる生計者でなく、生体年収が500万円以上ある人

昨年度の世帯年収を証明できる書類のコピーを提出する必要があります。

源泉徴収票や所得証明書、住民決定税通知書など公的な書類を用意しなくてはいけません。

所得証明書、住民税決定通知書は市・区役所で大体300円程度で発行できます。

その他の持ち物の確認はこちら!

wryyxjp.hatenablog.com

 

 

例外規定に当てはまらない場合はどうなるのか

f:id:wryyxjp:20170504135135j:plain

例外規定に当てはまらない方には二つの道があります。

 

まず一つ目、禁止されているのは「30日以内の日雇い派遣」なので、31日以上の契約で働くということです。ただし、31日以上の契約でも週1のみの勤務だと日雇い派遣扱いされてしまいます。

では、どのくらい働けば日雇い派遣として扱われないかというと、

「週20時間以上の勤務」です。

これは雇用保険の加入条件になるので、雇用保険に加入しなければなりません。

ですので、雇用保険に加入すれば単発派遣として仕事を紹介してくれます。

 

二つ目の道は、「日々紹介」と言われる働き方で、簡単にいうと派遣先が一日単位でアルバイト先を案内してくれるものになります。

単発派遣とどう違うのかというと、大きく変わるのは派遣先が雇用主になるということです。いわゆる直接雇用ですね。

なので、お給料も派遣先から支払われます。

日々紹介で受け入れてくれる施設は単発派遣に比べて少ないです。

派遣先にはメリットがあまりないですからね。

なので、例外規定に該当せず日々紹介で働く場合は、登録する前にしっかりどのエリアに何件くらい取り扱っている案件があるのか確認するのをオススメします。

 日々紹介について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

wryyxjp.hatenablog.com