元NSが語る、看護師単発、日雇い派遣に関するあれこれ

実際の経験から得た、看護師の単発・スポッ、日雇いト派遣、アルバイト、副業に関する全ての知識を提供します!

男性看護師の実情を激白!オススメする働き方【看護師単発、日雇い派遣】

単発、日雇い派遣における男性看護師の働き方について触れたいと思います。

看護師の男女比をみると男性看護師は圧倒的に少ないので、単発派遣を検討している男性看護師は情報を得られる場所が限られてくると思います。

今回は私の経験から派遣での男性看護師の扱われ方や働き方を紹介していきます。

 

 

女性看護師に比べて仕事を見つけるのが困難?

 

f:id:wryyxjp:20170529220820j:plain

正直にいうと、訪問入浴のお仕事に限っては女性看護師よりもお仕事を探すのが少し大変です。

実際にお仕事に応募して空きがあるにも関わらず断られるケースがあります。

理由としては、訪問入浴で向かうご利用者様が女性で、本人が男性看護師が立ち合い、入浴介助に入られるのが嫌だと拒否されるためです。

こればっかりは、派遣先のその日のスケジュールによって異なるため、勤務希望を派遣会社に出してその都度確認してもらって返事を待つしかありません。

もちろん、ご利用者様が女性であっても男性看護師さんで大丈夫ですと言ってくれるケースもあります。

根気強く仕事に応募するしかありません。

勤務した際は、訪問入浴は機材の準備などで男性の腕力が重宝される場ではありますので、一緒に働く女性スタッフから無駄に感謝されます。笑

 

 

オススメする働き方

f:id:wryyxjp:20170529221129j:plain

私自身お金が欲しかったので、時給が高い訪問入浴をメインで仕事していました。

しかし、先ほど言ったように、せっかく勤務希望を出しても断られてしまうことがありました。

そこでオススメする方法が、まず男性看護師の受け入れが可能な事業所、自分の中でお気に入りな事業所を見つけます。そこで一ヵ月くらい勤務すれば自然と派遣先のスタッフや責任者と話すようになるので、その場で派遣会社を通さず直接勤務希望を出します。

その場で派遣先のスケジュールを確認してもらえるし、その場でお仕事が決まります。

本来なら、派遣会社がお仕事の案内を出して、それに応募し、最終的に空きがあるか、男性看護師の受け入れが可能かを確認してもらい返事を待つ、断られたらまた別の仕事に応募して...という面倒な作業をしなくて済みます。

この方法は派遣先で知り合った派遣看護師に教えてもらい、派遣会社に確認したところ、仕事が決まった日程を派遣会社に報告してくれれば大丈夫と言われたので、始めました。

 数か月後には、派遣先が派遣会社に依頼を出す前に、自分が勤務できる日で調整してもらってから、派遣会社に依頼する日程を伝えていました。笑

 

 

デイサービスや有料老人ホームメインなど施設メインで仕事をする

f:id:wryyxjp:20170529221424j:plain

デイサービスや有料老人ホームは男性看護師、女性看護師関係なく勤務することができるので、訪問入浴のように男性だから断られるというケースがありません。

なので、デイサービスや有料老人ホームである程度勤務日数を確保してから、訪問入浴の仕事を入れるという形なら、スケジュールを立てやすいかと思います。

ただし、ガッツリ稼ぎたいならやはり訪問入浴がオススメなので、自分の今の状況と相談して仕事を選びましょう!

 

派遣と日々紹介って何が違うの?そもそも日々紹介とは?【看護師単発、日雇い派遣】

こちらで

wryyxjp.hatenablog.com

例外規定に該当しない場合の働き方の一つの手段として、「日々紹介」ということに触れました。

看護師単発、日雇い派遣で登録する際に例外規定に該当しない方は必ず「日々紹介」というワードが出てきます。

この記事では、「日々紹介」について詳しく掘り下げていきたいと思います。

 

 

そもそも日々紹介とは何か

f:id:wryyxjp:20170521172026j:plain

簡単にいうと派遣先が一日単位でアルバイト先(直接雇用)を紹介してくれるものになります。

そして、雇用契約は派遣会社ではなく、紹介先の施設、病院等と雇用契約が結ばれます

ここが派遣と大きく異なる点です。

単発派遣を希望しているけど、例外規定という条件が法改正によって設けられ該当せず、単発派遣で働けない人にも就業の機会を与える抜け道のような働き方です。

もちろん、法律上何も問題ないので、安心してください。

 

 

 

日々紹介の案件は極端に少ない

f:id:wryyxjp:20170528184345j:plain

私も関東の派遣会社に数社登録しましたが、日々紹介の案件はどこも取り扱い案件数が少なかったです。

日々紹介の受け入れ先は、派遣の受け入れに比べメリットが少ない為です。

一日単位でアルバイトを雇い、仮に月10人受け入れて勤務させたとなると、

派遣先が10人分の契約書類や給与支払い処理をしないといけないですからね。

比較的日々紹介の案件が集中しているエリアも限られてきます。

日々紹介として働く場合はしっかり派遣会社に登録する前に聞くことをオススメします。

 

因みに、健診、クリニックは派遣が禁止されているので、日々紹介(アルバイト)の案内になります!

 

 

派遣と比べて何が変わるのか

派遣先と雇用契約が結ばれるということは、派遣先のシステムに従わなくてはいけません。

派遣会社が日払いを行っていても、日々紹介の場合給与を払ってくれるのが派遣先なので、派遣先の給与支払日に従うことになります。

また、福利厚生に関しても、派遣会社の福利厚生が適応されないケースがありますので、注意が必要です。

最後に、時給が違う場合があります。

事業所によって異なるのでなんともいえませんが、時給が違うといっても100円程度です。派遣と同じ場合もありますので、派遣会社に確認してみてください。

 

 

 

以上、日々紹介についてでした。

派遣会社によっては例外規定に該当しなくても、誓約書にサインさえすれば単発派遣で働かせてくれる会社もあるようです。

実際に派遣登録者が例外規定に該当するかという書類、情報を一人ひとり国に提出するわけではないので、チェックが甘い会社も存在するのが事実です。

 

看護師が派遣で働くメリット、デメリット【看護師単発、日雇い派遣】

 

f:id:wryyxjp:20170521181620j:plain

看護師が単発、日雇い派遣で働くにあたって、どんなメリットがあるのか気になりますよね。

派遣会社に登録する前にメリットを知ったうえで登録するか検討するべきです。

どのようなメリットがあるのか、紹介したいと思います。

 

 

メリット①自分の都合に合わせて働くことができる。

f:id:wryyxjp:20170505123803j:plain

単発派遣では一日単位でお仕事ができるので、自分のスケジュールに合わせてピンポイントで仕事をすることができます。副業やお小遣い稼ぎの手段としてはシンプルで最適です。

この単発派遣は看護師の特権です。一般的な職種の人は単発派遣で勤務することは難しいでしょう。

週末の予定が潰れて暇になってしまった。

本業のシフトで空いてる日が何日かある。

イベントの時期なのでお小遣い稼ぎをしたい。

など、様々なケースがありますが、このようなケースでは単発、日雇い派遣以外勝手がいい働き方はありません。

派遣会社に登録さえすれば、いつでも急でも働けるのでとりあえず登録だけすることをオススメします。

 

 

メリット②高時給の案件が多い

f:id:wryyxjp:20170521173911j:plain

これも派遣ならではの特徴です。普通にアルバイトとして勤務するより、派遣で勤務した方が格段に時給が高いです!

看護師という有資格者であるので相場も高いです。

私が今まで経験した最高額は時給2500円です。通常の時給は2500円まではいかないですが、年末年始、連休だったり、キャンペーンを行っていると時給アップで仕事を案内してくれます。

案件にもよりますが大体2000円くらいが一般的です。

週に一回8時間で一ヵ月働けば、8時間×2000円×4回=64000円です。

週一回でここまで稼げる仕事は中々ないと思います。

欲しい物ができたら、休みの日を返上すればすぐ手に入れることができますよ!

 

 

メリット③高度な仕事を要求されない

f:id:wryyxjp:20170506195256j:plain

派遣の仕事は派遣先の人に指示されたことだけをやればいいのです。

派遣元のスタッフとして派遣先で働くので、スタッフの責任は派遣元にあるという考えなのです。

派遣先の指示で動き損失を出したなら派遣先にも責任があるけれど、

指示外での行動で損失を出してしまった場合は派遣元に大きく責任がのしかかる可能性があります。

更に、単発というお仕事は、責任が重い仕事を任さられることはありません。

何か事故が起きた時に責任の所在を問うのが難しいですからね。

この二点は派遣元も、派遣先も両社承知した上で運営をしているので、変に気負いせず言われたことをしっかり仕事すれば大丈夫です。

 

 

メリット④面倒な人間関係がない

看護師あるあるとして職場の人間関係に悩む方って多いですよね。

しかし、単発派遣は一日単位のお仕事なので煩わしい人間関係はなくその場限りの付き合いになります。

気に入らない人や事業所である場合はその日以降は応募しなければ解決しますし、

気に入った人や事業所であった場合は希望すれば継続して勤務することもできます。

要は変に人間関係に気を遣わずわがまま言えるのです。

看護師不足が騒がれている世の中で、看護師の価値は高く売り手市場であるので、

特に福祉、介護施設では看護師不足が顕著ですので、選ぶのに困るほどお仕事の案件があるので安心してわがままいって大丈夫です!

 

 

 

デメリットはないのか?

正直、デメリットを挙げろと言われて思い浮かぶことがないです。。

看護師不足の世の中、看護師である私たちが単発派遣するには派遣先も私たちにもメリットしかないです。待遇もいいですしね。

強いていうなら、副業として勤務する場合疲労が溜まり本業に影響が出るくらいです。

まあ、上記のことも自分で調整できるのでデメリットとまでは言えませんが。。

 

 

【結論】単発派遣は看護師にとってメリットだらけである。

単発、日雇い派遣なので、バイトと違い週1以上必ず勤務しなくてはいけないなどの制限はありません。

好きな時に好きな仕事を選んで働くことができる単発派遣は、メリットだらけです。

派遣会社に登録さえすれば自由に働けるので、まずは派遣会社に登録することをオススメします。

 

 

 

 

交通費は全額支給される?車通勤の場合はどうなるのか【看護師単発、日雇い派遣】

 

f:id:wryyxjp:20170521172333j:plain

誰もが気になる交通費についてです。

派遣先によって若干交通費支給のルールが違う場合もありますが、基本的には同じですので、ここでは一般的な交通費のルールについて触れたいと思います。

 

 

 

基本的に交通費は全額支給される

定期券を持っていようが、自宅から派遣先に向かうまでに掛かった交通費は全額支給されますので、安心してください。

派遣会社によっては、最安のルートで記入など細かいルールを設けられている場合もありますが、私の経験からいうとそこまで細かく見られていなく、記入した分支給されます。

推測ではありますが、派遣会社もいちいち交通費まで徹底して調べるのは手間ですので、細かくチェックしていないのだと思います。

 

 

交通費が時給に含まれている場合も?

f:id:wryyxjp:20170521172026j:plain

お仕事の案件を探していると、相場に比べて時給が100~200円高い案件があります。

このような場合、仕事の詳細を見てみると、「交通費を含む」と書かれている場合があります。

駅からバスに乗らないといけない場所にあったり、通勤に不便な場所にある場合が多いので、注意が必要です。

お仕事の詳細で交通費について何も記載がない場合は、基本的に支給されると捉えて大丈夫です。

交通費が時給に含まれていたり、往復の交通費に上限があるお仕事には、備考の欄にしっかりと記入されているので見てみるといいでしょう。

 

 

バイク、車通勤の場合は交通費の清算はどうなる?

f:id:wryyxjp:20170521171710j:plain

バイク、車通勤の場合は交通費のルールが派遣先によってばらばらなことが多いので、都度派遣先に問い合わせて確認することをオススメします。

よくあるケースとして、

①公共交通機関で通った場合の金額を支給する。

②派遣先のルールで、1km〇円と距離で計算される。

③支給されない。

といったケースが多いです。

私も田舎の方に住んでいたので単発派遣で車通勤を希望して、実際に通っていましたが、①の公共交通機関で通った場合の金額を支給するが一番多いパターンでした。

派遣先によっては、バイク、車通勤禁止の事業所もあったり。

コインパーキングに止めて料金は自己負担だったり様々みたいです。

 

 

 

一般的には交通費は支給されると考えて大丈夫です!

万が一、派遣会社に登録した際にうちは交通費を自己負担ルールですといわれたら、

交通費を全額支給してくれる派遣会社なんていくらでもあるので、他に登録しにいくことをオススメします。

 

 

実はこんなに簡単!仕事を始めるまでの流れ【看護師単発、日雇い派遣】

f:id:wryyxjp:20170509222251j:plain

実際に単発・スポット派遣で働くまでにどのような流れになるのか気になりますよね。

私は過去に三社登録していてどこも同じ流れでしたので、経験からどのような手続きが必要になるのか紹介したいと思います。

 

お仕事を開始するまでに時間はかからない

どこの会社も登録面談という形で直接派遣会社の担当の人と会って手続きをしないといけませんが、約一時間程度で簡単なお話を聞いて終わります。

その登録面談さえ済ませれば次の日からお仕事ができます。(案件があれば)

まあ、派遣会社の人の予定もありますので、登録面談の予約は早めに相談することをオススメします。

 

 

実際にお仕事を開始するまでの流れ

f:id:wryyxjp:20170515220957j:plain

①派遣会社にエントリー、会員登録する

ネットで派遣会社が単発派遣の案件をたくさん載せています。直接派遣会社のHPに飛び、会員登録をするか、求人案件をクリックすると、お問い合わせだったり、会員登録、エントリーをするというリンクがありますので、そこから自身の最低限の情報を入力して送信します。

あとは、派遣会社から連絡が来るのを待つだけです。

すぐ登録したい人は、派遣会社に直接電話をして登録したい旨を伝えればすぐに対応してくれると思います。

 

 

②電話で派遣会社とお互いの希望が合うか確認を取られる

f:id:wryyxjp:20170515220930j:plain

派遣会社から連絡がきて、大体聞かれるのが、ご自身の今現在の状況ですとか、派遣会社の取り扱い案件と希望条件が合うか聞かれます。

ここでしっかり自分が希望する条件や、実際にどのエリアでどのくらい案件を取り扱っているか聞かないと、登録したはいいけれど、いい案件がないというミスマッチが起きてしまうので、気を付けてください。

 

 

③登録面談の日程を組む

f:id:wryyxjp:20170505123803j:plain

 お互いの希望条件がマッチしたら登録面談の日程を組みます。

基本的には会社に足を運んで登録面談という形になりますが、ターミナル駅のファミレスで派遣会社の人が来てくれて、登録面談をしてくれるところもあります。

稀ですが、書類の郵送のみでの手続きで電話で説明を受けるだけの派遣会社もあります。

ただ、単発派遣の仕組みや実際に稼働するイメージが掴めていない人は、書類だけではピンとこないこともありますので、書類郵送での手続きは単発派遣経験者の方にオススメします。

 

 

④登録面談当日、サービス内容やお仕事の説明を受ける

f:id:wryyxjp:20170515220943j:plain

 履歴書や看護師資格証など書類を渡して、派遣会社が用意したスキルチェックシートや、仕事の希望条件確認の書類に記入します。

その書類をもとに改めて希望条件などを聞かれ、後は一方的に派遣会社のサービスの説明、登録後の流れの説明を受けます。

大体時間にして一時間程度で終わります。

その登録面接の場で、実際に明日以降のお仕事を探してもらって決めることもできます!

 

⑤お仕事開始!!

f:id:wryyxjp:20170515221015j:plain

後は派遣会社のシステムに従って気になる案件に応募して、仕事に向かいます。

単発派遣、日雇い派遣は一度派遣会社と面談をして登録を済ませれば、後は電話かメールでのやりとりでお仕事を案内してくれるので、そのまま派遣先に向かうだけです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

派遣って登録という手続きを踏まないといけないので、めんどくさいというイメージがあるかもしれませんが、時間にしておよそ一時間程度です。

後は派遣会社が希望条件に合うお仕事をいくつか紹介してくれますので、

条件がいい案件を選んで仕事に向かうといったシンプルな流れになります!

お子様がいて面談に向かえない方や、家から遠い方はとりあえず一度派遣会社に連絡して相談してみることをオススメします!

 

たったのこれだけ?派遣の登録面談に必要な持ち物【看護師単発、日雇い派遣】

f:id:wryyxjp:20170504134745j:plain

さて、派遣会社と連絡を取る前に自分が例外規定に該当するか

誰でも単発派遣で仕事ができる?派遣会社に登録する前に確認しておこう!【看護師単発派遣】 - 元NSが語る、看護師単発派遣に関するあれこれ

を確認して頂いたと思います。

例外規定に該当する人は、個人の年収を証明できる書類か、世帯年収を証明できる書類を用意しないといけません。

手元にない場合、発行までに時間がかかってしまうので、

あらかじめ何を登録面接時に持っていけばいいのか、確認しておきましょう。

 

登録面談日当日、何を持っていけばいいのか

f:id:wryyxjp:20170506000505j:plain

共通して持っていかなければいけないもの

・履歴書

・印鑑(指定がなければシャチハタ可)

・給与振込口座番号が分かるもの

 ・看護師資格証(原本)

 

人によって持っていかなければいけないもの

源泉徴収票(例外規定個人の年収500万円以上の項目に該当する方)

源泉徴収票or住民税通知書など(例外規定個人の年収or世帯年収500万円以上の項目 に該当する方)

・学生証(例外規定でお昼の学校に通う学生の項目に該当する方)

・身分証明書(例外規定年齢60歳以上に該当する方)

 

派遣会社によっては持っていかなければいけないもの

・履歴書用写真1~2枚

・身分証明書

 

以上になります。

持ち物は派遣会社によって若干異なりますので、派遣会社のエージェントと面談の日程を組んだ時に説明されますので、よく聞いてください。

私は履歴書を手書きで作成するのが面倒だったので、パソコンで作成したのを提出しましたが、特に何も言われませんでした。

あと、これも実際にあった話なのですが、源泉徴収票が手元になく面談日当日までに用意するのが難しいと相談したところ、後日FAXか写メで送って頂ければ構わないと言われたこともあります。

看護師資格証が実家に保管してあってすぐに用意をするのが難しい場合でも、

柔軟に対応してくれる可能性があるので、まずは派遣会社に相談してみることをオススメします!

マイナンバー、住民税で副業が本業にバレる?取るべき対策とは?【看護師の副業】

f:id:wryyxjp:20170506195350j:plain

看護師さんってシフトによっては休みが多い月ありますよね。

そんな休みの日を単発・スポット派遣でお小遣い稼ぎをしている看護師さんはたくさんいます!

私も職場のナースさんから副業として単発派遣を教えてもらった身です!

しかし、職場の就業規則をよく見ると副業が禁止されている病院も多いです。

ばれたらどんな処分が下されるか想像するだけで恐ろしいですね。

しかし、副業がばれないように手を打つことはできます。

 

副業はバレない

副業がバレるってどんな時だと思いますか?

多くの方がマイナンバー制度の導入、住民税が原因であり、その点が不安だと思います。

なので、副業がバレない理由を説明していきたいと思います。

 

マイナンバーでは副業はバレない

f:id:wryyxjp:20170506000515j:plain

派遣会社に登録して実際にお仕事をすると、源泉徴収票を発行するためにマイナンバーが必要になるので、何らかの形で提出を求められます。

提出しても全く問題ありません。

役所はあなたが副業していることがバレてしまいますが、その情報が本業の勤め先に行くことはまずないです。

マイナンバーは非常に重たい重要な情報で、利用目的以外のことに使われることはありません。

勤め先の人が役所にこの人副業していますか?と問い合わせても絶対に答えることはないです。

 

住民税で副業がバレる?

f:id:wryyxjp:20170505235740j:plain

一番ばれる可能性が高いのが、この住民税です。

確定申告はしっかり対策をしないと危険です。

対策といってもそんなに難しいことではないので安心してください。

 

単発派遣で得た収入は「給与所得」になります。

年間の所得20万円以上を超える人は確定申告をしなければいけないので、覚えておいてください。

年間の所得が20万円以下で本業の職場で年末調整をしていれば確定申告は必要ありません。

※所得20万円を超えなくても、住民税の確定申告はしないといけないので注意が必要です。

 上記のことは国税庁のHPに詳しく記載されています。

そして、この確定申告をする時に、住民税の徴収方法は「普通徴収」(自分で納付)を選んでください。

そうすれば、副業分の住民税の請求書は自宅に届きます。

ここで、「特別徴収」(会社の給与からの天引き)を選んでしまうと、副業の所得が加算された住民税の額が勤め先にいってしまうので、バレる可能性が高いです。

この人には給与400万円しか払っていないのに、500万円分の住民税を払うことになっている、とおかしなことになってしまいます。

 

 副業がばれる原因は?

f:id:wryyxjp:20170506195321j:plain

①確定申告を特別徴収にしてしまう。

②同僚にや知人に告げ口されてしまう。

 

以上の二つの可能性が考えられます。

どんなに仲のいい同僚でも副業していることは話さない方が安全です。

どこでだれが話を聞いてるか分からないので、話さないに越したことはないです。

 

 

 

以上、自分で副業がバレないようにある程度手を打つことができます。

できることはしっかり対策を打ちましょう!